日本の介護事情

少子高齢化が進む今、介護は誰にとっても身近な問題となっています。きちんとした知識を身につけておくことが重要です。介護の事情は世界各国で異なっています。日本の場合は、介護保険を使ったケアが中心で、非常に手厚いことで知られています。

在宅介護の心構え

無理をせず、周囲を頼りましょう

在宅での介護はある日突然スタートし、先が見えないケースも多くあります。介護する側が倒れてしまっては意味がありませんから、無理をしないことが大切です。周囲にサポートしてくれる人を見つける他、自分で「できない」ことを見極めるよう意識しましょう。

大切なのはあくまでも「支える」こと

介護をしているときには、つい「介護する側の考え」が中心になってしまうこともあります。しかし在宅介護される側にも自分の意思や人権があります。相手の気持ちを思いやり、あくまでも「支える」という意識を大切にしましょう。

コミュニケーションが円満の鍵

大変なことも多い介護生活を少しでも楽にするためには、介護する側とされる側が積極的にコミュニケーションをとることが大切です。会話ができる場合はもちろん、目線や体温の温もりも立派なコミュニケーションですから、ぜひ積極的に伝えていきましょう。

[PR]福祉車両を買いたいなら要チェック!
個人・法人向けの車を販売中

介護をするには環境が大切!介護タクシーなどの利便性について知る

人形とハート

様々な介護サービスを利用しよう

介護する側の負担を少しでも小さくするため、介護サービスの利用も積極的に検討してみてください。費用のことが不安、という場合でも大丈夫です。介護保険の適用を受けて利用できるサービスも、数多くあります。
・訪問介護
・訪問入浴介護
・デイサービスの利用
・ショートステイ
・介護タクシーの利用
・ケアプランの作成
在宅介護だけではケアが行き届かない部分も、専門のヘルパーさんがサポートしてくれます。またこれ以外にも、車椅子やスロープなどのレンタルや購入補助など、介護に必要な道具を購入するための経済的援助をしてもらうことも可能です。市販されている介護食品なども、上手に活用してみてください。在宅介護にはさまざまな不安が付き物ですが、プロの手を借りることで気持ちが楽になるのもメリットの一つと言えるでしょう。

福祉車両の特徴について

在宅介護に欠かせないのが、福祉車両です。福祉車両とは、介護を必要とする人が楽に車の乗り降りができるよう改造された車のことを言います。車の後部に、車いすのまま乗り込めるようにスロープが設置されていたり、車椅子を昇降するためのリフトが設置されていたりします。また車椅子から座席へと移動できる場合には、シートが回転し、扉の外にまで出てくるタイプの車両があります。
個人で福祉車両を購入する方もいますし、デイサービスなどの送迎時に、この福祉車両に乗車する方もいます。介護生活を楽にしてくれる福祉車両の特徴について、頭に入れておくと良いでしょう。

介護しやすい環境を整えることが大事!

在宅介護では特に、「介護しやすい環境」を整えることが重要です。ほんの少しの工夫であっても、介護する側・される側の負担を劇的に軽減してくれることもあるためです。住環境はもちろん、サポート環境や移動環境など、あらゆる環境整備をしてみてください。