外出の時は福祉車両が欠かせない!介護に役立つ便利なアイテム

介護を快適にしてくれるアイテム~福祉車両を購入するための基礎知識~

福祉車両専門店で購入しよう

福祉車両は、介護される人との生活を、より快適にしてくれるアイテムです。外出が楽になれば、助かる場面も多いことでしょう。「よし、購入しよう!」と思ったときには、ぜひ福祉車両専門店に問い合わせてみてください。種類が豊富であるだけではなく、専門知識によるアドバイスを受け、ベストな選択ができるはずです。

福祉車両の種類について

スロープで車椅子ごと乗り込むタイプ

福祉車両の中には、車椅子ごと乗り込むタイプがあります。その中の一つが、車の後部にスロープが設置されているタイプです。スロープの上を車いすごと通って、車内に乗り込みます。

自動昇降システム搭載車

上と同じく車椅子ごと車内に乗り込める福祉車両ですが、こちらは簡易的なリフトが備わっています。リフトの上に車椅子を乗せ、スイッチを押すとゆっくりと上下します。少し値段は高めですが、介護される側の負担も小さいです。

車のシートに直接乗るタイプ

最後は、車椅子から降りて車に乗り込むタイプの福祉車両です。狭い車内に、介護されながら乗り込むことは非常に難しいです。このため、シートが回転し、外に飛び出て昇降するようなシステムが備わっています。

外出の時は福祉車両が欠かせない!介護に役立つ便利なアイテム

車

中古の福祉車両を購入する際にチェックしておきたいポイント

福祉車両の数や種類が増えるにつれて、中古市場における取扱数も豊富になってきています。しっかりと比較検討する必要があります。チェックするべきポイントは以下の4つです。
・きちんと作動するかどうか
・付属品の不足はないか
・作動時に異音がしないかどうか
・実際に乗り込めるかどうか
中古車はそれぞれでかなり状態が違っています。何台か比較してみると、ベストな選択が見えてくるでしょう。

福祉車両の価格について

福祉車両の価格は、もともとの車両本体価格に左右されます。たとえば「介護する人とされる人が移動のみに使うから、軽自動車で充分」という場合には、100万円~200万円で購入可能です。中古ならよりリーズナブルになります。多人数での移動を想定している場合は、ワンボックスカーなど大きめの車両を選ぶのがオススメです。この場合300万円以上の価格になるケースも少なくありません。

不要になった福祉車両は買取してもらおう

これまでに使用していた福祉車両があり、もう使わないのであれば買取サービスを利用しましょう。福祉車両のニーズは、年々高まっていくことが予想されます。「福祉車両だから」という理由で、買取利用をためらう必要はありません。福祉車両の専門店であれば、車の状態もきちんと理解した上で、価格を提示してくれますから、余計な不安もありません。

購入する時には試乗をしてみよう!

実際に福祉車両を購入する際に、欠かせないのが試乗です。当然、介護する側、される側、両方一緒に試乗するのがベストです。できるだけ普段通りの状況の中で、どの程度楽に移動できるのか、確かめた上で購入してください。